山口県商工会議所連合会からのお知らせ


在籍型出向相談窓口をご活用ください

2021.11.29(月)

 

在籍型出向とは、従業員の籍を自社(出向元)に置いたまま、別会社(出向先)の業務に従事させるしくみのことです。
派遣元企業とのみ雇用契約を結ぶ派遣労働とは違い、在籍型出向では、従業員は出向元・出向先両方の企業と雇用契約を結びます。
コロナ禍で一時的に事業縮小した企業の雇用維持と慢性的な人手不足の業種が一定期間労働力を得るしくみとして、注目を集めています。(※産業雇用安定センターHPより)

県では、在籍型出向を推進するため、この10月から来年3月までの期間、山口県社会保険労務士会(社労士会)に無料相談窓口を設置しています。

この相談窓口は、在籍型出向を含む雇用維持や人材確保のご相談にも対応可能です。

この機会にぜひ、社労士会相談窓口をご活用ください。

 

詳しくはこちら >> 社労士会ホームページ

チラシはこちら >> 在籍型出向制度

 

 

  • ビジネスドラフトやまぐち
  • ふるさと山口合同就職フェア
  • 厚生労働省山口労働局
  • 日本商工会議所
  • 商工会議所ライブラリー
  • secret
  • 商工会議所の検定試験
  • ザ・ビジネスモール
  • jcpra_200_60